ささくれの原因とは?防ぐ食べ物も知っておこう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ささくれの原因とは?防ぐ食べ物も知っておこう!

「痛っ…またささくれてる…!(´・_・`)」

どんなに保湿しても、
いつの間にかできてる
手指のささくれ。
 

不意に服の繊維に引っ張られて痛いし、
取ろうとしたら8割失敗して剥けすぎるし…。

「どうしてささくれるの?(;▽;)」

みなさんも、こんな疑問を
抱いたことがありませんか?
 

もし原因があるのなら、その対策をすれば、
こんな小さい傷に悩まされずに済みますよね!
 

今回は、この困ったささくれについて、
原因と対策を探ってみたいと思います。


スポンサードリンク

1.どうしてささくれができるのか?

親不孝者だから…ではありません!

ささくれができると、私も親によく
「親不孝者だから~」
なんて言われた記憶があります。
 

小さな頃は、自分の手だし、多少性格に
連動して、ささくれができるんだろうな
と自分なりに思えていましたが…。

そんなわけないですよね。(`-д-;)ゞ

実は、このささくれには、
ちゃんと原因が存在するんです!

【ささくれの主な原因】

・栄養不足
・乾燥
・血行不良

 

これらが原因で、ささくれが
できることがわかっています。
 

この中で特に大事なのは、
栄養不足を改善すること!
 

それでは、ささくれ防止に役立つ
栄養素について、みてきましょう!
 

1.ささくれないために必要な栄養とは?

皮膚を保護するビタミンを摂ろう!

ささくれができないように
するには、食事の内容
気を配らなければなりません。
 

そのときに大事なのは、
皮膚や粘膜に働くビタミン
を摂ることです!

【ささくれ防止に必要な栄養】

・ビタミンA
・ビタミンE

 

これらのビタミンは、皮膚を健康に
保つために必要とされているビタミンです。
 

ビタミンAは、全身の皮膚や粘膜に働き、
新陳代謝を活発にしてくれるため、
皮膚の老化や肌荒れから守ってくれます。
 

これを含む食品は、レバーや銀だら、
にんじん、ほうれん草、春菊等。

この時期にも摂取可能です!(^-^)
 

それから、ビタミンEは酸化を
抑えながら血管を拡張して、
血流を良くする働きがあります。
 

ささくれ防止だけではなく、
生活習慣病の予防や血管の老化、
そして冷え症改善にも役立ちます。

万能ビタミンですね!(°▽°)

これを含む食品は、サーモンやごま、
モロヘイヤ、赤ピーマン等。
 

サーモンはアンチエイジングにも効く
アスタキサンチンを含む食品として
今ではかなり有名ですよね!

美容目的のために、ぜひとも
積極的に摂取したい食品です!
 

そして、これら2つを含む食品
存在するので、効率良くそれらを
摂取することもオススメです。

その食品は、
うなぎの蒲焼やかぼちゃ等。
 

夏だけでなく、うなぎを食べて栄養を
つけることは、乾燥する時期に増える
ささくれ防止にもなるんですね!

知らなかった~!(。・о・。)
 

美容のためだけでなく、ささくれ防止
のためにも、食事は抜かないように、
バランス良く摂るようにしましょう。


スポンサードリンク

2.ささくれとストレスの意外な関係とは?

誰もが無意識にささくれを作っている?

ささくれとストレス。

一見繋がりはなさそうですが、
実は意外な関係がありました!
 

歯ぎしりの記事でも書きましたが、
人間はストレスを感じると排除しようと
いろんな行動を無意識的に取ります。
 

その無意識的な行動の中には、
【爪を噛む】という行為
含まれています。
 

この【爪を噛む】行為こそが…。

実はささくれの原因なのです!

しかも、ストレスが原因だと、
傷が化膿しやすいんです!

痛いー!(ノ#´Д`)
 

せっかく女子力、男子力を高めても、
指先がささくれで化膿していては
元もこうもないですよね!
 

しかし、無意識的にしてしまうことは
なかなか止めることができません。
 

そこで、ストレスを感じた時は…。

・スマホを触るようにする。
・本を読むようにする。

 

これらの例のように、
指先を他に使うストレス発散法
身に付けてみてはいかがでしょうか?
 

そうすれば、爪を噛まずに済む
ようになるかもしれません。

ぜひお試しください!(^_^)
 

ささくれの原因まとめ

ささくれ防止に、栄養を摂りましょう!

爪で取ろうとしても、
うまく取り除けないささくれ。
 

傷は小さいながら、
地味に痛いのが
本当に嫌ですよね。
 

このささくれには、実は
できる原因がありました!

【ささくれの原因】

・栄養不足
・乾燥
・血行不良

 

保湿に加えて、大事なのは
栄養をしっかりと摂ることです。
 

中でも、皮膚や粘膜に働く
ビタミンAとビタミンE
摂取するよう心がけましょう!
 

さらに、ささくれの原因には、
ストレスや癖によるものが大きく
関与していることがわかりました!
 

ストレスを感じたら、まず
指先を他のことに集中させる
癖をつけるといいですよ!(^_^)v
 

爪を噛むこと以外に、違う発散法を
意識的に身に付けていきましょう!

▼すべすべになりたい人はこちら▼

スポンサードリンク



▼急にお金が必要になってきている方はこちら▼
即日キャッシングのおすすめ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 蓄膿症の臭いは周囲だけ!対策・抑える方法とは?
    「うわっ、なんか臭いんですけど!(゚Д゚;)」 酷い鼻炎になった時から 突然始まった、異臭騒…
  2. 蓄膿症の原因・症状は?ストレス・虫歯が関係してる?!
    「蓄膿になるとは思わなかったんですが!(;Д;)」 聞いたことはあるけれど…
  3. 蓄膿症に漢方で効くものとは?子供にもおすすめを紹介です!
    「子どもが蓄膿になったんですが!( ´゚д゚`)」 なんとなく、大人しかならない ようなイメ…
2017年5月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る