急性胃腸炎はストレスからくる症状!?診断してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
急性胃腸炎はストレスからくる症状!?診断してみよう!

「急にお腹が痛くなってきたんですが!(;´Д`)」

何の前触れもなく、
突然始まった
胃痛や腹痛…。
 

仕事どころじゃなくなり、
トイレへ駆け込む。
 

そして、早退…するのも辛い。(T_T)
 

みなさんにも、こんな
経験、ありませんか?
 

私はよくあります。
 

ちなみに私の場合は、
突然の胃痛。
 

しかも、帰宅後等の気が緩んだ時、
強烈な胃痛に襲われることが多いです。
 

これって、もしかして…
 

原因はストレスなの!?\(°Д° )/
 

ストレスが原因だと、
食あたりとは違って
ちょっと厄介かも…。
 

今回はストレス性の急性胃腸炎
について、その気になる症状を
まとめてみたいと思います!
 

もしや…と思われる方は、ぜひ
チェックしてみてください!


スポンサードリンク

1.ストレスで急性胃腸炎になるのはなぜ?

この胃腸炎には、自律神経が関係している?

人間は、突然の緊張したりすると、
身体がストレスを感じます。
 

ストレスを感じると、
脳から自律神経へ
司令が出されます。
 

その結果、身体のあちこちに
不調を来すことに…!
 

中でも胃腸は、その影響が
特に出やすい部位なんです。
 

【ストレスによる胃腸への負担】

・胃酸過多
・胃腸の動きが悪くなる
・胃や腸が痙攣する

 

主にこのようなトラブルが、
体内で発生します!(;´Д`)
 

上記の中で、私が経験して、
最も辛かったのは、胃痙攣!
 

びっくりするほど苦しくて、
痛くて、冷や汗をたくさん
かきました…。

今でも忘れられません…。
 

私の場合は受験の帰り道、
電車の中で突然発生しました。
 

自分では気付かないうちに、
身体にはものすごく負担が
かかっていたんですよね。
 

その後数日間、ゆっくり休むことで、
元の胃の動きが取り戻せました。
 

そうなんです。

もしこんな胃腸トラブルに
見舞われた場合は…。
 

すぐに身体を休ませることが大事!
 

早めに対処することで、
慢性化することを回避できます。
 

仕事が原因だと難しいかもしれませんが、
数日間ゆっくり過ごしてくださいね。

スポンサードリンク

2.ストレス性胃腸炎のチェックポイントとは?

突然襲ってくる胃腸炎には要注意!

胃腸炎は、食中毒や風邪等
ウイルス性のものまで、
原因は幅広く存在します。
 

ですが、病院で検査しても、
原因が見つからない胃腸炎が、
今、急増しているんです!
 

まさにそれが、
ストレス性胃腸炎の症状
なんです!
 

ストレス性胃腸炎には、
特徴があるので、
まとめてみますね!
 

みなさんも、いくつ当てはまるか
チェックしてみてくださいね~!
 

【ストレス性胃腸炎の症状】

・痛み
・胸焼け
・食欲不振
・吐き気
・ムカムカ
・みぞおちの痛み
・便秘、下痢
・薬が効かない

 

ストレス性胃腸炎では、主に
このような症状がみられます。
 

中でも…。
 

薬が効かない!

これは、この病気の
一番のポイントです。
 

食中毒や風邪なら、原因を薬でやつければ
済むのですが、ストレスはそうもいかない。
 

また、胃もたれや胃痛が週に数回ある場合、
ストレス性の胃炎が疑われるので要注意!
 

気になる症状があれば、今後のためにも
早めにかかりつけを受診しましょう!

スポンサードリンク

3.ストレス性胃腸炎の治療とは?

この病気治療は、絶飲食が原則です!

ストレス性胃腸炎の治療では、
薬物治療よりも絶飲食で胃腸を休める
ことがメインになります。
 

しかし、嘔吐や下痢をしている場合、
脱水になってしまう可能性が高いので、
まずは病院で診てもらってください!
 

【脱水の症状】

・ボーっとする
・熱が出る
・喉が渇く
・唇の乾燥
・頭痛、めまい
・だるい
・尿量減少

 

これらがみられる場合、
脱水を起こしている
可能性が高いです。
 

まさか、この胃腸炎で脱水だなんて…!
 

と思うかもしれませんが、
脱水を起こすケースは
結構多いんですよ~!
 

脱水かなと思った場合は、
すぐに病院を受診しましょう!
 

また、症状が酷い場合や、
なかなか落ち着かない場合は…。
 

入院加療が必要になることも!(>_<)
 

入院期間は3~4日、
酷い場合はもう少し長くなります。
 

入院直後は絶飲食です。
 

点滴で体液バランスを整えて、
症状が落ち着いたら、少しずつ
食事を始めていきます。
 

ゆっくり身体を休ませることが大事なので、
入院中はもちろん、退院してからも、
しばらくは無理しないようにしましょう!

スポンサードリンク

ストレス性急性胃腸炎の症状まとめ

急性胃腸炎の時は、脱水に注意!

食中毒や風邪等でも胃腸炎になりますが、
近頃多いのはストレス性の胃腸炎です!
 

【ストレスによる胃腸への負担】

・胃酸過多…潰瘍、穿孔
・胃腸の動きが悪くなる…食欲不振
・胃や腸が痙攣する…激しい痛み

 

このようにストレスが原因でも、
胃腸にかなりの負担がかかります。
 

また、ストレスが原因だと…。
胃腸薬の効果が、あまりみられません!
 

この時大事なことは、
ゆっくり休むこと。
 

特に胃腸には負担がかかりやすいので、
絶飲食で胃腸を休ませることが大事です。
 

それから胃腸炎の時は、
脱水にも気を付けて!
 

嘔吐や下痢が続くと…。
 

突然熱が出ることがあります!
 

これは脱水を起こしている時のサイン
なので、急いで病院へ行きましょう!
 

点滴治療で体液バランスが整えば、
身体もずっと軽くなりますよ!
 

脱水は夏だけでなく、
冬も起こりやすいので
年中気を付けてください。
 

脱水のサインも、しっかり
頭に入れておきましょう!

▼すべすべになりたい人はこちら▼

スポンサードリンク



▼急にお金が必要になってきている方はこちら▼
即日キャッシングのおすすめ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 蓄膿症の臭いは周囲だけ!対策・抑える方法とは?
    「うわっ、なんか臭いんですけど!(゚Д゚;)」 酷い鼻炎になった時から 突然始まった、異臭騒…
  2. 蓄膿症の原因・症状は?ストレス・虫歯が関係してる?!
    「蓄膿になるとは思わなかったんですが!(;Д;)」 聞いたことはあるけれど…
  3. 蓄膿症に漢方で効くものとは?子供にもおすすめを紹介です!
    「子どもが蓄膿になったんですが!( ´゚д゚`)」 なんとなく、大人しかならない ようなイメ…
2017年7月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る