足をつったあと痛みが続いて残った!治すにはどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
足をつったあと痛みが続いて残った!治すにはどうする?

「昨日つったところがまだ痛い!(;_;)」

足をつると、同時に激痛が…。
 

その激痛はなんとか治まっても、
完全に取れるわけでもなく、
いつまでもぼんやり痛い。
 

歩くのも嫌になるくらい、
痛みを引きずってしまいますよね。
 

「なぜ痛みが長引くのか?」
 

みなさんはご存知ですか?
 

今回は、知っておいて欲しい
足のつり対処法とその後の痛みの関係
を、取り上げてみたいと思います!


スポンサードリンク

1.足がつった時の対処法とは?

足がつった時は、伸ばして温めよう!

「足のつり」とは、筋肉が自分の意志とは
関係なく、一気に収縮したり痙攣したり
した時に、起こる現象です。
 

改善するには、この
収縮を伸展させる方法
が安全で効果的です!
 

【足がつった時の対処法】

・筋肉を伸ばす
・温める

 

基本的に、どの部位の場合でも、
この対処法で乗り切ります。
 

痛みがあると、ついつい
冷やしたくなりますが…。

冷やすのは厳禁です!
 

足のつりは血行不良で起こるので、
冷やすと逆効果になります。
 

また、つった筋肉を強くマッサージすると、
その筋肉を痛めてしまうことがあるので、
むやみに触らないようにしましょう!
 

それを踏まえて、次に対処法と
その後の痛みの関係について
みていくことにしましょう!
 

2.足がつり対処法とその後の痛みの関係とは?

長引く痛みは、正しいつり対処法で防ごう!

足のつりを改善するには、つった筋肉を
伸ばして温める方法が正しい対処法。
 

しかし…。

・対処法が、間違っていた。
・何も対処しなかった。

 

このような場合、痛みが
長引くことが多いです。(>_<)
 

痛みを長引かせないようにするには、
つった時、瞬時に対処すること!
 

筋肉の過度な収縮(緊張)は、
筋肉を痛めることになります。
 

この緊張時間が長ければ長いほど、
筋肉が受けるダメージも大きくなり…。

痛みが長引くことになります!
 

そうならないためにも、ぜひ
足のつりの正しい対処法を
おさえておいてくださいね!
 

3.痛みを和らげる方法とは?

筋肉の痛い部位はやさしくほぐそう!

足がつった時は、瞬時に
激痛が起こりますよね。
 

その激痛は、つりが治まると落ち着きますが、
ぼんやりした痛みが1~2日続くことも。
 

痛みは身体からのSOS!
 

痛みが発生している部位が、何らかの
傷害や炎症を起こしているサインです。
 

痛みがある部位は、強く触らないように、
早めに以下の対応を行ってください。
 

【足がつった後の痛みの対応】

・温める。
・軽く揉みほぐす。

 

この2つで、対応するのが効果的!
 

温めることで、血流を増やして、
痛めた筋肉の回復を促すことが大事です。
 

また、温めた後に軽く揉みほぐして、
筋肉の緊張を癒してあげてください。
 

お風呂に入った時、
軽くマッサージする
のも効果的です。
 

これで少しずつでも、
痛みが改善できます。
 

間違った対処法を行ってしまった場合や
何も対処しなかった場合は、なかなか
痛みが取れなかったり…。
 

酷い場合は、肉離れや筋肉断裂を起こすことも!
 

この痛みの場合は、温めたり、
マッサージする方法は逆効果です。
 

【病院へかかる痛みの目安】

・歩くのもやっとな痛みがある場合。
・触ると激痛が走る場合。
・いつまでも痛みが治まらない場合。

 

これらの場合、肉離れや筋肉断裂を
起こしている可能性が高いです!
 

放置すればするほど、完治まで時間が
かかるので、早急にかかりつけの
整形外科を受診されてください!(>_<)


スポンサードリンク

足のつりの長引く痛みまとめ

正しい足のつり対処法で、痛みを長引かせない!

足のつりは無意識的に、一気に
筋肉が収縮することで起こる現象。
 

足がつった時は、筋肉を
伸ばして温める方法
対処してください。
 

対処法が間違っていたり、
何も対処しなかった場合は…。

痛みが長引くことになります!
 

酷い場合は、肉離れや筋肉断裂
まで発展してしまうことも!
 

【病院へかかる痛みの目安】

・歩くのもやっとな痛みがある場合。
・触ると激痛が走る場合。
・いつまでも痛みが治まらない場合。

 

これらの症状がある場合は、
早急にかかりつけの整形外科を
受診してくださいね!
 

また、こうならないように、
正しい対処法を身に付けて
おくことと、日頃から…。
 

・軽い運動やストレッチをする。
・こまめにミネラルを摂取する。
・適度な水分補給を心掛ける。
・【足三里】のツボ押しをする。

 

これらを気付いた時に行って、
足のつりを予防しましょう!
 

予防方法は、いつでも簡単に
できることばかりです。
 

ぜひ意識して行ってみてください。
 

きっと効果が現れ、快適な生活が
送れるようになりますよ~!o('ー'o)

▼すべすべになりたい人はこちら▼

スポンサードリンク



▼急にお金が必要になってきている方はこちら▼
即日キャッシングのおすすめ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 蓄膿症の臭いは周囲だけ!対策・抑える方法とは?
    「うわっ、なんか臭いんですけど!(゚Д゚;)」 酷い鼻炎になった時から 突然始まった、異臭騒…
  2. 蓄膿症の原因・症状は?ストレス・虫歯が関係してる?!
    「蓄膿になるとは思わなかったんですが!(;Д;)」 聞いたことはあるけれど…
  3. 蓄膿症に漢方で効くものとは?子供にもおすすめを紹介です!
    「子どもが蓄膿になったんですが!( ´゚д゚`)」 なんとなく、大人しかならない ようなイメ…
2017年3月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る