赤ちゃんが鼻づまりで咳をして眠れない!解消法は母乳にある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃんが鼻づまりで咳をして眠れない!解消法は母乳にある?

「夜寝かすと咳がひどい…。(●´・艸・)」

夜、ベッドに寝かせると、
とても辛そうに咳し始める
赤ちゃん。
 

起きていると気にならなかったのに、
夜はなぜか咳がひどくて、眠れない。
 

赤ちゃんが眠れないと、
ママもパパも眠れなくて
大変なんですよね…。
 

なんとかしてあげたいんだけど、
なぜ夜だけ咳が出るのかわからない。
 

「夜間の咳には原因があるの(´・ω・`)?」
 

今回は、赤ちゃんの鼻詰まりと咳の関係
について、まとめてみたいと思います!


スポンサードリンク

1.赤ちゃんの鼻詰まりと咳の関係とは?

赤ちゃんは自分で鼻がかめません!

赤ちゃんは、冷気を吸うだけでも
鼻水が出てしまうほどデリケート
な鼻腔粘膜を持っています。
 

こんなに鼻水が出やすいのに、
自分で鼻がかめないのも、
赤ちゃんの特徴です。
 

そのため、鼻水は垂れ流すしかなく、
夜、身体を横にした時には…。
 

鼻水が喉へ流れ込んで、咳が出てしまいます!(´Д`;)
 

なるほど~!(。・о・。)

鼻水と咳の関係には、
こんな原因があったんですね!
 

赤ちゃんの夜間の咳の大半は、
これが原因だと言われています。
 

なので、夜間の咳を抑えるには、
赤ちゃんの上半身を少し高くして
寝かせてあげるといいですよ!
 

それだけでも、かなり楽に
眠れるようになります。
 

また、鼻水が原因の夜間の咳
には、改善法があるんです!
 

ぜひ知ってほしい知識なので、
まとめてみますね!(^_^)
 

2.鼻水が原因の夜間の咳を改善する方法とは?

夜間の咳には冷たい水が効果的です!

大人も辛い、
夜間の咳。
 

赤ちゃんの咳の多くは、
鼻水が喉に流れ込んで
起こります。
 

この咳を少しでも改善するには、
以下の方法をお試しください!
 

【鼻水による夜間の咳改善法】

・冷水を飲ます
・湿度を60~70%に保つ

 

夜間は、咳や鼻詰まりが
どうしても酷くなりがち。
 

これは、夜になると交感神経から
副交感神経優位に切り替わるため
言われています。
 

副交感神経優位になって鼻詰まりや咳が
出ている場合、冷水を少し飲ませて、
神経を興奮させてみてください。
 

交感神経が優位になるので、
すぐに落ち着きます!
 

また、水分が入ることで、
痰の切れも良くなって、
赤ちゃんも楽になります。
 

それから、
湿度も大事!
 

湿度が低いと呼吸器の刺激となって、
余計に鼻詰まりや咳を酷くします。
 

感染対策としても、
湿度は最低50%以上
保つようにしましょう。
 

また、この咳を落ち着かせるには、
原因となっている鼻水や鼻詰まりを解消
してあげることも大事です。
 

この鼻詰まりを解消するには、
前回いくつか改善法をまとめて
みましたが、中でもイチ押しなのは…。
 

母乳を使った方法です!
 

それでは次に、この
母乳の効能について
まとめてみます。
 

3.点鼻にも使える母乳の効能とは?

母乳には抗炎症作用があります!

生まれて間もない赤ちゃんが、
免疫を獲得するために必要な母乳。
 

この母乳には、
栄養だけでなく、
免疫がたっぷり!
 

アメリカの研究では、

『母乳を長く飲めば飲むほど
 病気になりにくい』

という結果が出たり…。
 

母乳は、それだけ赤ちゃんに
とって、必要なものなんです!
 

この母乳は、飲むだけでなく…。
 

鼻詰まり時の点鼻に利用できます!
 

すごいですよね!(゚ロ゚)
 

母乳には、抗炎症作用があるため、
点鼻すると鼻詰まりを解消してくれたり、
目ヤニ等取りたい場合の点眼にも使えます。
 

意外と知られていないのですが、
この方法は、先祖代々使われて
いた方法でもあるんです。
 

もしかしたらこの効能を、
昔の人はもう既に知って
いたのかもしれませんね!
 

点鼻、点眼として利用する場合は、
新鮮な母乳を使うようにしましょう。


スポンサードリンク

赤ちゃんの鼻詰まりと咳まとめ

夜間の咳の大半は鼻水が原因です!

赤ちゃんは、自分で
鼻がかめません。
 

そのため、鼻水は垂れ流すしかなく、
夜間は身体を横にするので、そのまま
喉に流れ込んでしまい、咳が出ます。
 

この咳を落ち着かせるには、
以下の方法を試してみてください!
 

【鼻水による咳の改善法】

・上半身を高くして寝る
・冷水を飲ませる
・湿度を60~70%に保つ

 

副交感神経優位になると咳や鼻詰まりが
酷くなりがちなのですが、夜間はまさに
そんな状態になります。
 

夜間の咳が酷い時は、冷水を飲ませて!
 

少し冷水を飲ませることで、
交感神経を刺激して、咳を楽に
落ち着かせることができるんです!
 

水分が入ると、痰の切れも良くなって
赤ちゃんも楽になりますよ~!
 

また、鼻詰まり自体の改善法には、
母乳点鼻を利用するのがオススメ。
 

【母乳点鼻のメリット】

・抗炎症作用で粘膜の腫れ改善
・鼻に垂らしてもしみない
・鼻腔粘膜に塗るとマスク代わりになる

 

母乳は免疫の宝庫です。
 

塗るだけで、赤ちゃんの
未熟な鼻腔粘膜を強化し、
マスクの代わりにもなります。
 

意外と知られていないので、
信じがたいかもしれませんが、
昔から行なわれてきた習わしです。
 

ぜひ利用してみてくださいね!

▼すべすべになりたい人はこちら▼

スポンサードリンク



▼急にお金が必要になってきている方はこちら▼
即日キャッシングのおすすめ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 蓄膿症の臭いは周囲だけ!対策・抑える方法とは?
    「うわっ、なんか臭いんですけど!(゚Д゚;)」 酷い鼻炎になった時から 突然始まった、異臭騒…
  2. 蓄膿症の原因・症状は?ストレス・虫歯が関係してる?!
    「蓄膿になるとは思わなかったんですが!(;Д;)」 聞いたことはあるけれど…
  3. 蓄膿症に漢方で効くものとは?子供にもおすすめを紹介です!
    「子どもが蓄膿になったんですが!( ´゚д゚`)」 なんとなく、大人しかならない ようなイメ…
2017年7月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る